芸能にんじん速報

芸能ニュース・気になるニュースを更新しています。
芸能をメインに2ch(5ch)からまとめて記事にしています。
無言フォロー失礼します。
フォローもどんどんお願いします。

    カテゴリ:芸能 > 芸能全般 



    (出典 giwiz-tpc.c.yimg.jp)


    最近残念なニュース多いな。。

    1 ネギうどん ★ :2020/09/17(木) 11:07:34.20 ID:CAP_USER9.net

    コロナ禍で自分と成功を信じられない

     自死、薬物、退所の3つに共通していたのは、周囲の人々が「何で気づかなかったの?」と言われてしまうこと。「悩んでいなかった?」「おかしな様子はなかった?」「手を差し伸べられたのでは?」などの声に関係者は悩まされているという。ただ、「気づけなかったから起きてしまった」ことは事実であり、各事務所としてはこのままでいいはずがなく、何かを変えていかなければいけない。

     では、どんな現実があり、どんな原因が考えられるのか。

     まず自死に関しては、やはり本人でなければわからないことが多く、誰に聞いても憶測の域を出ない。しかし、それでも芸能界の当事者たちに話を聞いていくと、「ただの憶測」というより、「そうだったのではないか」と思わされる現実と原因があった。

     「芸能人は『仕事が少ない』か、『忙しすぎる』のどちらかになりやすくて、『ちょうどいい』という人はほとんどいない。『自分の代わりになる人がたくさんいる』ことをわかっているから、人気があって順調に見える人でも心身両面でけっこうつらいし、何回か『私がいなくなっても誰も困らないでしょ』と言われたこともある」(芸能事務所関係者)

     三浦さんと芦名さんがそうだったかはわからないものの、世間の人々が思っているよりも自己肯定感が低い芸能人は多い。近年、芸能人の数が増えて競争が激化し、加えてコロナ禍で休みが続いたことで、「自分の資質や成功を信じられない人が増えている」というのだ。

     「仕事を断れる人はなかなかいない。特に求められて初めて演じる機会を得られる俳優は断れないし、『できるだけ期待に応えたい』と思うので、おのずとハードワークになり、キャパを超えてしまうことがある。コロナ禍でのオファーなら、なおさら頑張ってしまうけど、ふだんより撮影がハードになっているから、ある若手俳優は体調を崩してしまった」(ドラマ制作会社スタッフ)

     俳優業は芸能人の中でも、特に「地味で受け身」と言われる仕事。完成した作品こそ華やかだが、基本的な仕事の流れは「オファーを受け、脚本を読んでセリフを覚え、監督の演出方針を聞き、OKが出るまで繰り返し演じる」という受動的かつ地味なものになる。

     そのため芸能人の中には、穏やかに笑っているように見えても、心の中では「うまくできていたかな……」と不安視する人が少なくない。「自ら命を絶つくらいなら、やめればいいのに」と思うかもしれないが、芸能人として一定の成功を収めると、「やめる勇気より、命を絶つ勇気を持つことのほうが簡単」と思ってしまう人がいるのだ。

    以下ソース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/361a175bccab5723bb32557c628bdca7d661c8af


    【【芸能】止まらない芸能人の「自死」「薬物」「退所」…いま芸能界に何が起きているのか?】の続きを読む




    濃いなあw

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/16(水) 05:23:08.48 ID:CAP_USER9.net

     フリーアナウンサーの滝川クリステルさんの弟でモデルの滝川ロランさんが、クリステルさんがメインMCを務めるバラエティー番組「教えてもらう前と後」(MBS・TBS系)の9月15日放送回に出演する。ロランさんがバラエティー番組に出演するのは初めてで、「家族の前とテレビでは全然違うと思います」とクリステルさんの“素顔”を暴露する。

     番組で、ロランさんはお笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞんさんと一緒に「群馬サファリパーク」へ向かう。園内では、クリステルさんについて「家族には厳しいですよ。怖いじゃなくて厳しい。でもやっぱり優しいです。ずっと面倒を見てくれていましたし……」と語り、「結婚というか、赤ちゃんが生まれて、それはまあ優しくなりましたね。母の顔というか……」と明かす。

     一方、クリステルさんは「血のつながっている弟です!」とロランさんを紹介しつつも、ロランさんの姿に「もう~、恥ずかしい~」と苦笑するような場面もあるという。また「スタジオのお姉ちゃん、10秒で答えてください」と振られると、「弟にまさか番組で振られる日が来るとは……。もう~、涙が出ちゃう」とうれしいのか恥ずかしいのか分からない困惑顔を見せる。

     番組は、「教えてもらった前と後で、見る目が変わります!」を合言葉に、さまざまなスペシャリストが独自の視点で選んだ決定的瞬間を解説する。15日は午後7時から2時間スペシャルで放送。人気グループ「Snow Man」の深澤辰哉さん、向井康二さんも出演する。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bb6a908c41d161159add5b955cdfb9f3c2edae0e

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【滝川ロラン】滝川クリステルの弟 姉の“素顔”を暴露「家族の前とテレビでは全然違う」 バラエティー初出演】の続きを読む


    ん??

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/15(火) 23:00:24.00 ID:CAP_USER9.net

    俳優で歌手の小泉今日子さんについて論じ、物議を醸していたウェブメディア「BEST TiMES」の記事が2020年9月15日までに削除された。記事では小泉さんの名前をあげながら「女性芸能人の政界進出にはヌードに似た恥ずかしさがある」としたほか、小泉さんが「左傾化」したのは「男の存在が大きい」などとしていた。

     また、一般論として「女性は本来、保守的」といった主張も展開。一連の内容にツイッター上では「偏見に満ちた女性蔑視」「悪意を感じます」などと批判の声が相次いでいた。

    ■「政治については完全に素人なのだから、恥ずかしさもそれ以上だろう」

     物議を醸したのは「引かれる小泉今日子と守られるユーミン、女性芸能人の政界進出はヌードより恥ずかしい」という見出しの記事。筆者は『平成の死』などの著書がある文筆家の宝泉薫氏。

     小泉今日子さんが国政選挙に立候補するのではないかと一部ゴシップ誌が報じたことを紹介し、それに対するツイッター上の反応を引きながら、「女性芸能人の政界進出にはヌードに似た恥ずかしさがある。いや、ヌードがまだ芸能活動の一環であるのに対し、政治については完全に素人なのだから、恥ずかしさもそれ以上だろう」などと展開した。

     また、小泉さんが「左傾化している」とし、その要因は「男の存在が大きい」として小泉さんのパートナーである俳優・豊原功補さんの名前をあげた。豊原さんが政権批判に熱心だからだという。さらに、一般論として「女性は本来、保守的」「子を産み育てる性とあって、家庭にこだわり、その集合体である国家のかたちも大事にしようとする」と書き、「にもかかわらず、反体制に向かう女性にはなんらかの理由で世を拗ねてしまったタイプが多いように思われる。小泉の場合も、父の事業失敗や親の離婚といった経験が、家庭ひいては国家への不信につながっているのだろう」としている。

     その上で「そういう意味でやはり『育ち』というのはその人の本質に大きな影響を及ぼす」として、小泉さんとの対比でユーミンこと松任谷由実さんの名前をあげている。記事終盤では再び小泉さんについて、「このところ現実味を帯びてきた衆院の解散総選挙への出馬まではさすがに考えにくい。が、応援演説くらいならありえるのではないか。これなら、恥ずかしさもセミヌード程度といったところだ」と結んだ。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/17d2abac421b6ad399fe2967e3c4b154c23d1a9e

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【「女性芸能人の政界進出にはヌードに似た恥ずかしさが...」 小泉今日子さん 論評の記事に批判殺到→削除】の続きを読む



    (出典 giwiz-tpc.c.yimg.jp)


    だいたい性格真反対なのに。。親友だったの??

    1 ひかり ★ :2020/09/15(火) 07:37:09.15 ID:CAP_USER9.net

    《さて突然のことで誠に恐縮ではございますが、弊社所属の華原朋美の専属契約解除のご報告をさせて頂きます》

     9月14日深夜、尾木プロダクションがこのような声明を出し、同事務所を退社していたことがわかった華原朋美。小室哲哉とともに音楽業界のスターダムを駆け上った彼女の現在は、ほの暗さと謎に満ちている。

    「昨年夏に念願の第一子を授かったばかりですが、お相手の男性が“外資系企業に勤務する一般男性”ということしか報道されないなど、謎が多いです。現在も特にこれといった仕事があるわけでもなく、事務所が運営する有料ブログも子育てのことを中心に綴ってきましたが、それも7月ごろからストップしています」(スポーツ紙記者)

     2007年、度重なる体調不良で仕事の継続が不可能だと判断されると、尾木プロから契約を解除された華原。2012年に同事務所に再所属というかたちで芸能活動を再開していたのだが、ここ最近は出産などもあり、活動にも陰りがみえてきていた。そんな彼女の名前を久しぶりに大きく取り扱ったのが、9月11日に発売された『FRIDAY』(9月25日号)が報じたスクープだった。

    「《華原朋美が愛息虐待騒動で高嶋ちさ子と大モメ》といった内容の記事で、互いに“親友”と認め合うふたりだっただけに驚きましたね。お子さんが生まれたばかりの華原さんが、信用する高嶋さんが“かつて自分の子どもたちも預けた”というベビーシッターA子さんを雇ったところ、1歳になる直前のお子さんに対し、“哺乳瓶をくわえている最中に逆さ吊り”をしていたことがわかり、これは虐待だということでトラブルになったそうです」

     記事によると、A子さんの日頃の言動を不審に思った華原が部屋の防犯カメラの映像を確認したことから今回の一件が発覚し、A子さんは即刻解雇。しかし、そのことを高嶋にLINEで相談したところ、

    《これのどこが虐待なの? うちもこれ大好きでいっつもやってもらってた(中略)もしもこれを虐待と取るのだとしたら、おかしいよ》

     と返されたのが不和のきっかけになったという。この一連の報道について眉をひそめるのが、ことの真相を知る大手レコード会社幹部。

    「実はこの記事、華原さんの“持ち込み”から始まったものだそう。あくまで華原さんの友人による告発というテイをとり、彼女が直撃取材を受けるといった構成になっていますが、入念な打ち合わせが行われていたようです。誌面には防犯カメラの映像を切り取った画像や、高嶋さんとのやりとりが書かれたLINEのスクリーンショットも掲載されていますが、それらも本人が掲載を“公認”したものです」 

     記事中ではベビーシッターの行為について、複数の専門家にコメント取材を行い、「明らかに虐待」といった発言も引き出しているが、実はこの一件、すでに“解決済み”のことだったらしく、

    「愛息がこのような仕打ちをうけてパニックになった華原さんですが、結局、警察も介入する事態になったんです。そして、さまざまな検証が行われた結果、“虐待ではない”という判断がくだされました。つまり、すでに記事が出る前に終わっていたハズの話なんですよ」(同前)

    以下略 週刊女性

    https://news.yahoo.co.jp/articles/af5e56d369fc7639248e0004f31292483f2130fc?page=1
    https://news.yahoo.co.jp/articles/af5e56d369fc7639248e0004f31292483f2130fc?page=2


    【【芸能】華原朋美vs高嶋ちさ子、警察も介入した“愛息虐待騒動”の全真相】の続きを読む



    (出典 news.1242.com)


    え?逆じゃなくて??

    1 フォーエバー ★ :2020/09/12(土) 18:59:57.23 ID:CAP_USER9.net

    俳優の渡辺徹が、ニッポン放送「東貴博と山根千佳のラジオビバリー昼ズ」(8月25日放送)に出演し、家族との衝撃エピソードを明かした。

    ステイホームの期間は、妻・榊原郁恵と酒を飲む機会が増えたと話す渡辺。夫婦で飲むとすぐ酔ってしまうとのことで、「気心も知れてるし、気を張る必要もないからね」と語った。

    また、ステイホームの影響で、飲食店ではチェーン店から個人店までデリバリーを始める店舗が急増している。そこで渡辺は、デリバリーにまつわる家族のエピソードを披露した。

    渡辺: 好きなイタリアンのお店がデリバリーを始めたもんだから、妻と「デリバリーをとってみようか」という話になったんです。で、そこのお店はラザニアが美味しいんですよ。

    山根: ほうほう。

    渡辺: ですが、他のメニューも食べたかったので、妻と「別々なものを頼んでシェアしようね」という話をして注文をしたわけです。なんですけども、いざ料理が届いて、妻がラザニアを食べたら「私、これがいい!」って言いながらシェアせずに1人で食べちゃったんですよ(笑)。

    東: はっはっは(笑)

    渡辺: 「ふざけるな!」って思いましたね(笑)。それは人間として一番やってはいけないことじゃないですか。

    東: もうね、徹さんは“食”に関しては鬼になりますからね。これは熱々な話ですね(笑)。ちなみにこれ、徹さんはマジギレしてますからね。

    デリバリーのラザニアを巡って“マジギレ”したと語った渡辺。さらに、「結婚後に初めてけんかしたのは“ウインナーの色”ですから。赤ウインナーを食べたいのに、あらびきのウインナーしか出さなかったからね。それで私が『家を出ていく!』って怒ったんですよ(笑)」と、食に対して妥協をしない姿勢を見せた渡辺であった。

    9/12(土) 18:15配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e4bdd257ec62153c5632742d537039f5e46c7a50

    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】渡辺徹、妻・榊原郁恵の行動にマジギレ?「人間として一番やってはいけないこと」】の続きを読む

    このページのトップヘ